コイマミ動画

2児の父がおすすめの動画サービスを比較!!選び方や動画を楽しむための活用術をやさしく解説!

VOD基礎知識

【画質の基本】動画に4K(UHD)画質とか必要?HDで十分でしょ | 動画配信サービス

更新日:


最近のスマホやテレビの新製品のアピールポイントに「4K」というものがあります。

とても高画質なことがウリなようです。

動画配信サービスでも、「4K」画質を用意しているところもあります。

この「4K」という画質が動画配信サービスを選ぶうえで、どれくらい優れているのかよくわかりませんよね。

私は、「いまのところ動画配信サービスの4K画質はウリにならない」と考えています。

4K(UHD)はあっても良いけどなくても困らない

ここでは、SD/HD/4Kなど画質についての基本事項の説明と、動画配信サービスで「4K」画質が必要でない理由を解説します。

SD/HD/4Kの画質の比較

大手の動画配信サービスで配信されている動画の画質は「SD」「HD」「4K」のどれかが一般的です。

用語説明

「HD」はハイビジョンのことで、広い意味では「フルHD(フルハイビジョン)」もHDに含まれます。
「4K」は「UHD」と表記されることもあります。

解像度 正方形比率ピクセル 画素数
SD 480p 720×480 35万画素
HD 720p 1280×720 92万画素
フルHD 1080p 1920×1080 207万画素
4K(UHD) 2160p 3840×2160 829万画素

このように表記されます。
ゲームの仕様やパソコンのディスプレイ設定などで見かけることがありますね。

しかし、これらの意味を理解する必要は全くありません。
興味のある方は、他のサイトで詳細を確認してみてください。

解像度の要約

  • 画面上のきめ細かさ
  • 正確には、4K動画は滑らかさや色味も良い

ブルーレイ(Blu-ray Disc)でもフルHD画質

ブルーレイは「次世代の規格」として高画質をウリに登場しました。
今では、映画などのレンタルソフトでもフル―レイディスクが一般的になっていますよね。

しかし、思ったほどの普及は進まず、家庭にブルーレイディスクを再生する機器がないという家庭も多いのが現実です。

その高画質なブルーレイ(Blu-ray)は「フルHD」画質に該当します。

さらに、2011年に完全移行した「地デジ」はというと、ブルーレイよりも低画質な解像度「1440×1080」、画素数「156万画素」なんです。

あなたのまわりに、地デジ放送を観て、「画質が汚い」なんていう人いますか?
私のまわりにはいません。

そして、当然ですがデータ量はとても大きくなります。
ストリーミング再生の特性上、再生と同時にダウンロードすることになりますから、より速い通信回線が必要になります。

4K(UHD)に対応したデバイスが必要

動画配信サービスが4K(UHD)に対応した作品を提供しているだけでは4K画質の動画を観ることはできません。

観るためのデバイスも4K(UHD)に対応している必要があります。
最近のテレビでは「4K対応テレビ」などをセールスポイントにして、販売されていることがあります。

それに対して、スマホやタブレットはというと、本当に一部の機種だけが4Kに対応しています。
ノートPCに至っては、下手をするとフルHDすら対応していないものも多くあるのが現状です。

そして、4K画質に対応しているデバイスは当然高額なものが多いです。

スマホやタブレットで画質の違いを感じられるのか

動画配信サービスのメリットのひとつに、「スマホやタブレットを使って、いつでもどこでも観れる」ということがあります。

「解像度は画面のきめ細かさ」と言いましたが、スマホやタブレットの画面サイズは、テレビに比べるととても小さいです。
その小さなディスプレイの中で、数十万ものきめ細かさの差を感じることができる人はかなり少数なはずです。

Android系のスマホでは4K対応しているものがいくつかありますが、写真や動画がキレイだとして人気のあるiPhoneは、今のところ4Kには対応していません。

大画面のテレビなどでは、そのきめ細かさや動きの滑らかさ感じることはできても、モバイル系のデバイスでは、4K(UHD)画質の感じることは難しいのです。

多くの人は月額料金やコンテンツを重視している

当サイトでアンケートを取った結果では、家族で動画配信サービスを選ぶときもっとも重要視するのは「月額料金」でした。
続いて、「動画の本数」「子供向けコンテンツの充実度」が続きました。


画質を重要視するのは、6番目という結果が出ています。

動画配信サービスの4K画質対応の必要性まとめ

4K画質を重要視しない理由

  • 別途4K(UHD)対応デバイスが必要
  • スマホなどでは十分にキレイさを感じにくい
  • HD画質で十分にキレイ
  • データ量が大きく、通信速度も速い必要がある

4K画質は、きめ細かさと動きの滑らかさ、輝度の繊細さで優れていることは明らかです。

しかし、実際には視聴するデバイスも4K(UHD)画質に対応していること、そしてそのデバイスが高額なこと、スマホなどの小さな画面では4K(UHD)のすばらしさを感じることが難しいことがわかります。

そして、多くの人が画質よりも別の項目を重要視して動画配信サービスを選んでいることから、今のところは動画配信サービスに4K(UHD)画質を求める必要はないと結論づけています。

月額料金やコンテンツの充実度で比較して動画配信サービスを選ぶことをおすすめします。

>> 月額料金で動画配信サービスを比較する

>> コンテンツ内容で動画配信サービスを比較する







-VOD基礎知識

Copyright© コイマミ動画 , 2020 All Rights Reserved.