コイマミ動画

2児の父がおすすめの動画サービスを比較!!選び方や動画を楽しむための活用術をやさしく解説!

動画配信サービス

AmazonプライムビデオとdTVどっちにする?違いを徹底比較!!

更新日:


動画配信サービスの「Amazonプライムビデオ」と「dTV」どっちが良いのか悩むところですね。

共通するところは、どちらも月額500円以下で見放題に追加課金でコンテンツを購入できるところです。

ここでは、AmazonプライムビデオとdTVの2つのサービス比較して、それぞれのサービス違いをお伝えしています。

AmazonプライムビデオとdTV比較表

まずはザっとAmazonプライムビデオとdTVの違いについて表にまとめてみました。

dTV Amazonプライムビデオ
月額 500円(税抜) 400円(税込)
追加課金
無料お試し期間 31日間 30日間
コンテンツ数 12万本以上 9万本以上
得意ジャンル 映画/音楽 子供向け/ドラマ
ダウンロード
画質 SD/HD/4K
推奨回線速度
(HD視聴時)
4.0Mbps以上 3.5Mbps以上
対応デバイス PC/スマホ/タブレット/スマートテレビ/ゲーム機/その他デバイス
電子書籍
支払方法 クレカ/ドコモ クレカ/ドコモ/au
口コミと評価 詳細 > 詳細 >
無料お試し dTV Amazonプライムビデオ

AmazonプライムとdTVの特徴まとめ

比較表を確認してみると、この2つのサービスはよく似ていることがわかります。

2つのサービスを比較した結果を先に書かせていただきます。

月額料金は100円しか差がないため、比較の対象にはしていません。

dtv

  • 12万本以上の幅広いコンテンツ
  • カラオケやフィットネスなどのコンテンツを強化
  • ダウンロード再生にも対応
  • 複数デバイス同時再生には未対応
  • 無料お試し期間は31日間


dtvの特徴を詳しく解説した記事も参考にしてみてください。

Amazonプライムビデオ

  • 子供向けから大人まで満足できる幅広いコンテンツ
  • 他のAmazonプライム特典も受けられる
  • 電子書籍や音楽も一部利用できる
  • ダウンロード再生にも対応
  • 3台まで複数デバイス同時再生ができる
  • 無料お試し期間は30日間


Amazonプライムビデオの特徴を詳しく解説した記事も参考にしてみてください。

AmazonプライムとdTVの支払方法を比較

月額料金自体は月に100円しか差はありません。

対応している支払方法が少し違っています。

どちらも「クレジットカード」と「ドコモ決済」に対応しています。

Amazonプライムビデオは加えて「au決済」にも対応。

決済方法の種類は「Amazonプライムビデオ」に軍配が上がります。

AmazonプライムとdTVのコンテンツ数を比較

【dTVジャンルイメージ】

【Amazonプライムビデオジャンルイメージ】

それぞれのコンテンツは、dTVが12万本以上、Amazonプライムビデオが7万本以上で、コンテンツの数はdTVの方が多いです。

実際にラインナップを見てみると、良く似た作品が並んでいます。

ジャンルごとの得意不得意は、下図のイメージのようになっています。

幼児から小学生の子供向けコンテンツは、dTVも決して弱いわけではありませんが、Amazonプライムビデオの方が作品の選択肢は多いようです。

他のジャンルで見ても、動画本数ほどの差を感じることはありませんでした。

dTVは趣味系ジャンルの動画にも力を入れ始めていて、「フィットネス」というジャンルが新たに追加されました。

ここでは、ヨガやダンス、筋トレなどのエクササイズが用意されていて、近年の健康志向や若者のダイエット志向などが取り入れられています。

さらに、カラオケなどの音楽コンテンツにも力を入れていることを考えると、dTVでは10代20代を強く意識しているように感じます。
そのため、ふたつのサービスを比較すると、dTVよりもAmazonプライムビデオがややファミリー向けのサービスだと感じます。

dTVには「フィットネス」という他にはない独自ジャンルが存在する

Amazonプライムビデオなら動画以外の特典もある

Amazonプライム特典はかなりお得
Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員の特典のひとつであるため、動画以外にも特典があります。

そのひとつに、約700冊の雑誌が電子書籍として読めたり、100万曲の音楽が効き放題というものがあります。

動画だけでなく、音楽などマルチメディア系のサービスも利用したい場合はAmazonプライムビデオがおすすめです。

他にも、Prime Photoなど容量無制限に写真を保存できたり、買い物をしたときのお急ぎ便も利用できるようになります。

AmazonプライムビデオとdTVの機能面を比較

ダウンロード再生対応

ダウンロード再生比較
dTV、Amazonプライムビデオともにダウンロード視聴に対応しています。

用語説明

ダウンロード視聴とは、「自宅のwifi環境などで、あらかじめスマホなどに動画をダウンロードしておき、外出先などで動画を視聴できる機能のこと」

ただし、1点だけ注意点があります。

dTVでは、ダウンロードした動画を再生するとき、ライセンスを確認するためにわずかですが、通信する必要があります。

つまりdTVは、インターネット通信が全くできない状況では、動画を再生することができません。

対してAmazonプライムビデオでは、インターネット通信が発生しないため、wifiのみに対応したタブレットなどでも、外出先に動画を持ち出すことができます。

dTVは完全なオフライン視聴には対応していない

複数デバイス同時再生

複数デバイス同時再生を比較
dTVは複数デバイス同時視聴に対応していません。さらに、ユーザーの追加機能などもないため、個人利用を想定したサービスになっています。

リビングなどで家族が一緒に映画を観るなどの利用法であれば特に問題はありません。

対して、Amazonプライムビデオは3台までのデバイスから同時に再生できるようになっています。

このため、子供たちがアニメを観ている間でも、パパママはドラマを楽しむことも可能になっています。

視聴対応デバイス

対応デバイスで比較
dTV、Amazonプライムビデオとも「PC」「スマホ」「タブレット」はもちろん、「Chromecast」や「Fire TV」など多くのデバイスに対応しています。

しかし、dTVはPS4などの家庭用ゲーム機には対応していないため、ゲーム機での利用を考えている人には向きません。

対応デバイスの多さではAmazonプライムビデオに軍配が上がります。

dTVはゲーム機に未対応

AmazonプライムビデオとdTV比較まとめ

コンテンツ全体の充実度で見ると、dTVが多いです。

しかし、Amazonプライムビデオでも「チャンネル」が追加され、特化したジャンルのコンテンツを有料で追加することができるようになっています。

サービスの自由度という点で見れば、同時視聴や子供への制限機能などがあるAmazonプライムビデオということになります。

これらのことから、ファミリー向けという観点から見ると、Amazonプライムビデオが絶対におすすめです。

dTVにも子供向けコンテンツはあるので、外出先や移動中にパパママのスマホから子供たちに動画を見せるという使い方もできますが、Amazonプライムビデオには及びません。

dTVの特徴である「フィットネスジャンル」や「カラオケコンテンツ」もすばらしいアイデアだと思います。
小学生高学年から高校生などの子供のいる家庭ならば、dTVの方が適しています。

dtvはこんな方におすすめ

  • 小学生高学年から高校生のいる家庭
  • フィットネスなどの健康作品が観たい
  • カラオケや音楽動画も観たい
  • 家族揃ってよりも個人主体に利用したい

Amazonプライムビデオはこんな方におすすめ

  • 幼児や小学生低学年の子供がいる家庭
  • 子供に勝手に課金させたくない
  • 家族で別々に動画を観ることが多い
  • 電子書籍や音楽配信にも興味がある
  • Amazonをよく利用する家庭

どちらのサービスでも無料お試し期間があるので、あなたの生活シーンに合わせて選んでみてください。
無料お試し期間中に解約すれば、いっさいの費用はかかりません。


dTVを無料でためす
Amazonプライムビデオを無料で試す







-動画配信サービス
-,

Copyright© コイマミ動画 , 2020 All Rights Reserved.